オーライ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS アメブラのカスタム【反省&再出発編】

<<   作成日時 : 2009/08/09 18:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回のご報告からもう半年が過ぎてしまいました
ほんとにすみません..orz
でも もちろん あきらめたわけではないのです

画像
いったんはここまでいっていたのですが。。。
自家製パテの黒ずみ、気泡による穴、全体塗装の失敗など
やり直し、試行錯誤を繰り返すばかりで半年が過ぎてしまいました

追記 2010 3/8:思えばこの状態から、
塗装に水性ホビーカラーを選択したこと。
気泡埋めに市販の溶きパテを選択してしまったこと。
この2点が成否を分けたような気がします。
もしここで塗料はMr.カラー&穴埋めは瞬間接着剤使用、と
正しい選択をしていれば、このままいけたかも


実はまったく同じHNでmixiもやってまして
そちらで とある超有名カスタマーさんから
アドバイスをいただく機会がありました

なんでも、パーツを溶かして自家製パテにする技法は
5年前くらいに一瞬流行ったもの、らしく。。。
今はやらないですねー、とのこと

市販のパテも 硬化が遅い&強度が足りない
ということで、その方は使わないそうです

。。。わー 全部やっちゃってる 私

たしかに 自家製パテも、次に使った溶きパテも
全体塗装に使った水性ホビーカラーも
とにかく乾燥や硬化が遅くて、数日を要するので
一工程作業したら次の休みまでもうなーんにもできない
。。。というわけで やたら時間がかかっていたのでした

現在ネット検索などで得られるカスタムの技法も、
カスタムの先人、達人たちによる試行錯誤の軌跡であり
人によって採用する方法も違うし
いまも枝分かれ&進化を続けているということですねー

そういう意味では、自分の回り道も無駄ではなかったかなと思えます
自家製パテも市販パテも、使いたい部分や用途によっては
依然使えるものだと思いますし それは実際使ってみたから
実感としてわかることですしね

溶きパテによる修正は、気泡に悩まされながらも
結構進んでしまったので、すぐに一からやり直す決心はつきませんが。。。

水性ホビーカラーによる全体塗装はあきらめることにしました
乾燥が遅いというだけでなく、粘性が薄いので
乾かしている間に流れてしまったり、窪みにたまったりするし
完全に乾いた後も手で触ったりすると皮膚の湿り気で
塗装がゆるんで指紋が残ったりするので。。。

耐水性の問題は、仕上げにスプレーコートすれば
クリアできるかと思っていたのですが、それまで
表面を触らないよう持ち方に気をとられてばかりでは
作業性も悪すぎて、これは無理だなぁという結論に達しました。

ただし、全体塗装でなく、
ポイントメイク用としてなら使えるかも知れないです
というか いろいろ買い揃えてしまったので
使えなかったら悲しいな、と たぶん意地でも使います

ということで、再びアクリル塗料を買い直しました
今度は失敗しないよう(笑)○スターカラーで統一です
この子ひとりにどれだけつぎ込むんだ?という問いは
もう忘れることにしました〜 

まだ見えぬゴールに向かって
アメブラカスタムはまだまだ続きます!(何度目?)

←ブライスブログランキング参加中
よければポチっとお願いします♪





ご訪問ありがとうございます。ブライスブログランキング参加中です
よければポチっと↓お願いしますm(. .)m 励みになります♪

にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

アメブラのカスタム【反省&再出発編】 オーライ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる